忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夢の世界に


我が家は間接照明。
だから夜は、ぼんやりほのかな灯りの中で、心地良く暮らしています・・・
と思っていたのは私だけだった!


「暗い」

「本が読みにくい」

「よそのお家みたいな明かりつけないの?」



いわゆる天井にぺたっと貼るような蛍光灯は、家にはないのです。
ダウンライトか、スタンド照明、あとはお気に入りの明かりがひとつふたつ。




KIF_6546web.JPG結婚して初めて自分たちで買った吹きガラスの照明。

KIF_6545web.JPG乳白色のガラスに気泡がぽつぽつあり、
暖かい明かりが漏れてくるのが好きです。








KIF_6550web.JPGこちらも吹きガラス。
娘時代から家にあって、結婚するときに、欲しくて母におねだりして譲ってもらいました。
どこに引っ越しても、私たちの寝室に吊しています。







KIF_6548web.JPGマンションの暗い玄関に吊す照明。
子どもたちが小さい頃は、顔のついたこの照明を怖がって、
できるだけ明かりを灯さずにいました。
対で持っているので、シンメトリーに飾るとお洒落だと思いますが、
狭い我が家は、コーナーと廊下にバラバラに飾っています。








KIF_6547web.JPGこちらも対で持っていますが、なかなか一緒に飾るスペースはできません。
お部屋の片隅に黄みがかった灯りがあると、とても落ち着きます。
夜帰ってきて、すぐつけるのもこの照明。











今回、暗いと不評だった子ども部屋に灯りをひとつつけました。


KIF_6540web.JPG
何の形に見えますか?
そうです。
雲なんです。
子どもに夢をあげたいな、普通じゃなくて楽しいものを、と探していて、引っ越して4カ月もたってやっと見つけました。




私が高校生の頃、新しいお家に引っ越して、自分の部屋ができました。
その時に母が、花弁の形をした照明を取り付けてくれました。
それは、ベッドに潜るたび、天井を見上げるたび、私に楽しい夢を見せてくれたのです。
あるときは妖精の国へ、あるときはおとぎの国へ、またあるときはプリンセスの気分に。
灯りが誘う夢の世界は、いつまでもいつまでも夢見る子ども心を明るく照らし続けたのです。


さあて、雲が浮かぶお部屋で、子どもたちはどんな夢を見て、成長していってくれるのかな?


PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

プロフィール

HN:
えいこ
性別:
女性
職業:
WEBショップ店主
趣味:
ハンドメイド                                                      

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

紅茶のある暮らし

紅茶のWEBショップやっています。
ショップのこと、普段の暮らし、趣味をブログでつづっています。

カウンター

バーコード